林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mac使ってると、ウイルスなんて対岸の火事というか、自分には関係ないと思ってる人多いんですよね。
自戒の意味もあって、改めて調べて見ました。

シマンテックのノートン
OS9時代はノートン先生にお世話になってました。
定番ですが、意外と使っている人少ないのかな?
Win版のインターネットセキュリティは、重いとか使いにくいとか言われてますが、Mac版はどうなんでしょうか。
ちなみに私のWin機は、これのアンチウイルスとSygate Personal Firewallでがちがちに固めてます。
Macでも、同じようにアンチウイルスだけ買って、OS Xに入ってるファイアウォール使う手も有りますね。

Intego
Macテクノロジー研究所にタイアップ記事が有ります。
これ見ると、使いやすそうですし、実際これを入れている方も多いようです。

clamXav
オープンソースのアンチウイルスソフトClamAVのMac OS X用です。
こちらにClamAVの日本語サイトが有ります。
取っつきにくいかと思って落として見ましたが、丁寧な日本語解説が付いていました。
フリーなので、お金を掛けたくない方は、これとOS Xのファイアウォールでしのぎましょう。
スポンサーサイト
新種林檎研究所の所長さんの企画へのトラックバックです。

調べて見たら、私が始めてMacを買ったのは1994年でした。
初めてのパソコンを買いに秋葉原へ。
何件か回ってたどり着いたのは、今は亡きリッツコンピュート。
68のPerformaと迷ったけど、将来性を買ってPPCのPower Mac 7100/66AVを購入しました。

本体だけで、317,000円。
Nanaoの53Tとか、HPのプリンタとかも買った合計で528,390円の領収書が今でも残っています。
ちなみに、Nanaoの53Tだけは今でも壊れず現役です。

Windows 95が発売されたのが1995年でしたから、まだMacにとって良い時代だったかも知れませんね。
いかにも事務機器的なPC98よりも、MacからのOSを含めて感じる洒落っ気に引かれたのでしょうか。
モデムと解説本を買って帰って、初めてNiftyに繋げた時の事を今でも覚えています。
もうあのパソコン通信も、終わってしまったのですね。

電源ユニットのファンが壊れても自分で交換したりして、ずっと大切に使っていましたが、Diabloをやるようになってあまりの重さに買い替えを決意。
もうあの起動音を聴く事は無くなりましたが、ずっと捨てられずに今でも部屋の片隅で眠っています。

起動音、Stanley Jordanの生演奏だったかな、久しぶりに聴きたくなりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。