林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊ダイアモンドで、JASRACの記事が。-ふっかつ!れしのお探しモノげっき

かなり話題になっているJASRACに関する週刊ダイアモンドの記事です。
これを読むと、ますますiPodから金を取ろうなどと、とんでもないと思ってしまいますね。
「天下り人事の問題、使用料徴収・分配の不透明な実態について、ジャスラックには何度も取材を申し込んだが、『忙しくて時間がない』(広報部)との理由で、いっさいの取材に応じてはもらえなかった。」
まともに取材を受けられないほど、痛い所をつかれているのでしょう。

著作権使用料を独占して徴収し、あの凄い儲かっている日本中央競馬会や、最近叩かれまくりの道路公団よりも高額報酬を小野清子前理事長は取っていたとは。
小野清子前理事長の前任で、現愛媛県理事の加戸氏が3年間で一億円以上ですよ。
どっから出てる金だと思ってるのですか。
今の吉田茂理事長もその一人ですが、50年以上も続く天下りの歴史。

私の知り合いの若い作曲家に聞いても、「CD作った時もらうギャラ以外な?にも来ないよ」と言っています。
どうして、こんな高額報酬を取ってる人が居るのに、頑張って音楽を作っている人の所にこのお金が回ってこないのです?

iPod課金がどうこうと言うより、この仕組み全体を改革せねば成りませんね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。