林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽を食い物にする腐れジャスラック(JASRAC): ホットコーナーの舞台裏
Re: 音楽を食い物にする腐れジャスラック(JASRAC): ホットコーナーの舞台裏
JASRACネタの続き: ホットコーナーの舞台裏

反MSの人にはおなじみの中村正三郎さんのblogにもJASRACの事が出ています。
なんか、もうめちゃくちゃ叩かれてますね。
中村さんはしばしば「MSのヤクザ体質」と仰いますが、日本のレーベルや JASRACはもう、山賊そのものです。
 JASRACが過去百年以内に作曲されたクラシック音楽の作曲家や編曲者に著作権料を支払った実績があるなら、是非公開してもらいたいものです。
 恐らく近年の、それも日本の作曲家だけでしょう貰ったのは。
これ、私もクラシックしか普段聞かないので強く思いますよ。
しかも、日本の作曲家と言っても大手レーベルの売れてる作曲家の先生の所へしかお金は流れないのでしょうから。

私がクラシック畑の作曲家の人から聞いた話だと、編曲の場合曲が出来た時点でもらうギャラだけだそうです。
しかも、契約とかあまりきちんとしていなかたりするので、下手をするとそのギャラも取りっぱぐれる事も有るとか。
凄い仕事だと、有名シンガーの人が鼻歌で歌ったのを楽譜に起こしてきちんとした曲にする事も。
そんな事している人の所へJASRACがかき集めた膨大なお金は、一銭も来ないそうです。
天下り役員の報酬を減らして、もっと現場で頑張ってる人の所へ回せないのでしょうか。
ただ、JASRACが「著作権法違反だ」と言って公開をやめさせるというのは本 当は筋違いです。京都府警なり何なりがモニターして摘発するのならまだしも、JASRAC自身は違反を「裁く」立場にはないのですから。彼らがやっているのはあくまでカネ、ビジネスです。だから「使用料を払え」というのならまだわかります。もっとも、そこにJASRAC最大のグレーゾーンがあるのですが。つまり、公平にきちんと適切な方法でカネを徴収・分配することができているのか。これは正直言って、詳しい情報がないのでわかりません。噂は聞きますが、正確にはわからない。ほんとうにグレーとしか言いようがないのです。ただ、いい噂はまったく聞きませんね。ほとんど弱い者いじめなんじゃないか、というような例も聞いたことがありますし。
99.3%の超独占状態だから何でもやりたい放題なのでしょう。
アーティスト側の意識も変わっているようですが、新しい管理団体にもう少し頑張ってもらいたいです。

そして、こんなJASRACへこれ以上お金を取られない為に出来る事は、まずパブリックコメントを出す事です。
「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会 審議の経過」に対する意見募集について
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。