林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽業界はP2Pやコピーをおそれて販売チャンスを失っている -東京コンテンツマーケット

「音楽を自由に楽しみたい」とか「音楽の主役は音楽であるべきだ」とか「まず聴いてもらいたい、その上で気に入ってもらえたらビジネスにしたい」とか。
今問題になっているソニー・ミュージックエンタテインメントやJASRACの人達に、強く言いたい言葉が沢山書いてあります。
皮肉にもこの福岡氏、丸山氏とも元ソニーなんですね。
いや、元ソニーだから出た言葉ですか。
そして、バラカン氏のこの言葉。
「自社の権利を他社に有料でも認めさせない姿勢は、保守的を通り越して、わかってない」
全くその通り。

ついでに私から一言。
「音楽に国境など要らない」を付け加えておきましょう。
ネット配信しているiTMSが、扱う曲と値段をなぜ世界共通に出来ないのか。
こんなおかしな世界に誰がしたのでしょう。
音楽に国境を作って、自分の利益だけにしたい人が居るのですね。
スポンサーサイト
あおぞら銀行が業務クライアントをMacに移行、その理由とは?

以前IT Proにも同様の事柄で記事が出ていましたが、こちらもチェックする事に。

実際稼働しているiMacの写真を見てみると、20インチですか。
しかもオンライン会議用にiSight付き。
中程のおねーさんが使っているiMacに接続されているカードリーダーに身分証明のような物が刺さっているのが気になっていたら、一番下に解説が有りました。
ユーザーの認証に使用しているNTTコミュニケーションズのICカードなんですね。

東大がMacに移行してから他の教育機関で採用される事が多く成りました。
その波が一般企業にまで波及しそうな勢いです。
日本の大企業のトップの人達というと時代の波についていけない人が多いように思いますが、あのような人達に取って東大の権威は絶大でしょうから。
Windowsのセキュリティに問題が有ると言われていても、Macへの移行など以前では考えられなかったですね。
あおぞら銀行のように上層部が日本人ではない日本企業も増えましたから、どんどん変わっていくのでしょうけど。

UNIXベースのOSに成った事も大正解でした。
今でも根強いファンの居る以前のOSのままだったら、このような事は無かったと思います。
そう言えば、あの捨てられたわんちゃん、今はどこへ行ったやら。

あの時代を知っている人からすると考えられないくらい元気に成ったAppleですけど、もしJobsが居なく成ったらどうなるか。
今のAppleを考えると、これがちょっと気がかりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。