林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偉愚庵亭憮録: シャルル専用ザク

またまたコラムニスト小田嶋隆氏がやっちゃってくれています。
今回はシャルル・アズナブール氏です。
しかも、グレードアップして英語の詞付き!

ガンダムのシャアがこの方の名前をインスパイアした物だったとは、私今気づきました。
是非サイトへ飛んで、お二人の会話をお読みください。
素晴らしき詩人の言葉の数々に圧倒されると思います。
ここではJASRAC関係の言葉だけ引用させていただく事に。
「いいかねタカーシ。心が空気なら、歌は風だ。心が動く時、風が起こる。わかるか? 恋も、情熱も、シャンソンも、すべては風なのだ。とすれば、誰が風の行方を制限できるだろう」
さらに。
「そのジャスに言っておけ。誰も人の心を密閉することはできない。だから、君たちには、私の歌が起こす風を止めることはできない、と。なぜなら、歌は空気の振動であり、心臓の鼓動であり、魂のバイブレーションであり、それらをあえて止めることは殺人だからだ」
「シャルル。恩に着ます」
「いいか、タカーシ。3倍速だ。シャイロックが心臓のまわりの肉を要求してきたら、すぐに私に連絡しなさい。私は3倍速でニポンに飛んで、すべてのザクに指令を出す」
このお二人の言葉にJASRAC何と答える!
スポンサーサイト
[速報]iPod課金問題、2007年まで見送りへ - CNET Japan

CNETによると本日、文化審議会著作権分科会法制問題小委員会が開かれて正式にiPod課金は2年間見送りに成りました。
しかし、まだ「消費者の理解を深めるため広報活動などにつとめる。」などと言っていますし、「知的財産推進計画2005」に置ける「2007年中に具体的な結論」がどうなるか判りません。
事前に今回の情報が漏れたりいきなり中間報告を出したり、文化庁のやる事は全く信用出来ないです。

これからも、私的録音録画補償金制度その物の廃止を求め、ユーザーが払ったお金が中間搾取される事無くクリエイターに届くように。
音楽を自由に誰でも時代にそった環境で楽しめるように。
そんな活動をしていきたいと思っています。
スラッシュドット ジャパン | 政府インターネットテレビ始まる

今回始まった政府インターネットテレビですけど、MacのSafariで中の映像を見る事が出来ません。
WindowsのFirefoxでもはじかれます。
政府がやっているネット放送がこのような事で良いのでしょか?
国や地方のサービスで特定の環境でしか利用出来ない、税金を使ってマイクロソフトの販売促進機関のような事をやっているのをよく見かけます。

現在首相官邸で知的財産戦略本部 コンテンツ専門調査会デジタルコンテンツ・ワーキンググループにおける意見募集をやっていますので、またまた怒りの意見を出してしまいました。
皆様も是非意見提出を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。