林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アップル、次期Mac OS Xリリースを10月に--原因はiPhone開発 - CNET Japan

このニュースを聞いて、世界中のどれだけの人が「6月に新しいMac買うつもりだったのに?」と叫んだ事でしょう。(私もその一人)
iPhone開発の為にLeopardが遅れるなんて「優先順位逆だろう!」と叫んでみても、今やAppleの社名の中にComputerの文字は無し、今やMacはApple社の製品の一つって事ですね。

どうせ遅れるならば注文が一つあります。
もうMac本体の生み出す利益だけに頼らなくて良くなった今、OS Xを開放しませんでしょうか。
CPUやマザーボードなどハードを限定しても機能を少々削ってもいいから、一般のPCで動くMac OSを今作るのが将来の為だと思うのですけど。

私のようにMacとWindowsを両方使う人間は、メールを書いたりWebを見たり一般の作業をしている分にはMacでも何も困る事は無く、むしろ快適である事を知っています。
しかし世の中、Windowsしか使った事が無い人が多数でしょう。
そんな人達にMac OSの素晴らしさを体験してもらう一番の近道は、今家にあるWindowsのPCに入れられるようにする事だと思います。
1度体験すれば、次にハードを買う時Mac本体も検討してもらえ、OS開放によるハードの落ち込みも吸収出来、もちろんOS自体や他のソフトの利益でマイナスは無いと考えますがどうでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。