林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アップル、人気のMacBookをアップデート

Apple Storeのアフィリエイトをやっているので、こんなメールも来ました。
アップル、人気のMacBookをアップデート。
もっとお気に入りのスピードに。

2006年5月15日、アップルは、コンシューマ向けノートブックの「MacBook(マックブック)」全機種に、より高速なIntel Core 2 Duoプロセッサ、1GBのメモリ、そしてより大容量のハードディスクドライブを搭載しアップデートしました。鮮やかな13インチクリアワイドスクリーンディスプレイを搭載した、薄さわずか1インチのMacBookには、2.0 GHzと2.16 GHzの光沢のあるホワイトモデルと、2.16 GHzの魅力的なブラックモデルの3つのモデルがあります。価格は、わずか139,800円(税込み)から。
外側のデザインとマザーボードは変えないで、CPU、メモリ、ドライブを変えて来たって感じですね。
目新しい所は、無線LANがIEEE 802.11nドラフトに対応した事ぐらい。
Santa Rosaに移行するならばMacBook Proが先でしょうから、MacBookが先に出るならばあまり期待出来ないと思ってました。

でも凄いがっかりかと言うと、そうでもありません。
MacBookは、もうすでにCore 2 Duoを得ていました。
ここから大きく変えるとなるとタイミングは3回有ります。
笠原一輝のユビキタス情報局
こちらの記事の「2008年のプラットフォームになるMontevinaを説明するスライド」を見ると判りやすいのですが、「Santa Rosaになった今回」「Santa RosaにPenrynが載った時」「Chiipsetまで変わるMontevina世代」の3回です。
短期間でこれだけ変わる事が判っているので、これらすべてに追従する事が難しいとなると、今回マイナーチェンジで済ましたのも悪くないという気もします。
北森瓦版さんの記事Intelの45nmプロセスの展開を見ても次に出るCPUは相当期待出来ますから、次回のモデルチェンジで良い物を出してくれれば問題ないです。

では、昨日出た新しいMacBookの購入をお勧めする方というと。
Macを持っていない方やPPCなMacしかない方でしょうか。
実質値下げですからいっそう魅力的に成ったと思います。
すでにIntel Macをお持ちの方は、CPUがPenrynに変わった時かMontevina世代でまったく新しい物が出ると予想されますので、その時までに貯金をしておきましょう。

MacBook
スポンサーサイト
もう各国で販売されていて日本だけお預け状態なP35マザーボード。
このままで行くとやっぱり6月4日か、フライングが有ったとしても2日早まるだけですか。
そんなP35マザーボードの発売を指折り数えて待ち続けている自作ユーザーに、追い討ちをかけるような悪魔のささやきが。

HKEPC Hardware - IT News

7月22日にIntelの新CPU、FSB1333MHzのCore 2 Duo 6050ファミリーが出ます。
しかも、E6750なんか2.66GHzで$183と安い!
しかもしかも、Core 2 Quad Q6600 2.4GHzが$266に大幅値下げ!
Quad-Coreですよ!お客さん!

今まで待った方、7月まで待ちます?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。