林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、自宅のWindows PCに施しているセキュリティ対策を変更したので覚え書きとして公開してみます。
テーマとしては、とにかく無料で出来る限り安全にする事です。
Macだけお使いの方も、Boot CampでWindowsを使う時には参考にしてください。

まず何が無くてもアンチウイルスソフト。
Windowsですと無料でも色々有りますがAntiVir PersonalEdition Classicを入れています。
Avira AntiVirからダウンロード。
AntiVir Tips & FAQsが解説サイト。

ファイアウォールは最近リークテストで一位になり話題になっているComodo Firewall Pro。
Comodo Certification Authorityからダウンロード。
X-WORKSさんの所に日本語化ファイルがアップされています。
Comodo Firewall Pro @Wikiは情報が集まっていないので今後に期待。
Leak-tests results - matousec.comを見ると今お使いのソフトの安全性の目安になります。

スパイウェア対策はSpybotとAd-Awareです。
The home of Spybot-S&D!Ad-Aware @ Lavasoftからそれぞれダウンロード。

最後の砦、砂箱も最近入れてみました。
システムやアプリを監視して、入れた覚えの無いプログラムの実行などを防止するソフトです。
日本語が使えるSystem Safety Monitorを利用しています。
System Safetyからダウンロード。
System Safety Monitor Help JPにバージョンが古く英語版ですが解説と日本語Helpが有ります。
Task List Programsで何か判らない物が立ち上がった時に調べて使いましょう。

後は最後の大事な事。
メールソフトはThunderbirdでブラウザはFirefoxを使っています。
これが一番の対策かも知れませんね。
Mozilla Japanから両方ダウンロード。

無料ソフトだけでもちょっと手間を掛けてこれくらいやると、ショップなどで購入出来る有名なパッケージよりも安全だと思います。
ちなみに、MacはOS内蔵のファイアウォールとアンチウイルスにClamXavを入れているだけですが、こっちの方がもっと安全ですね。
スポンサーサイト
海門と呼ばれるSeagate TechnologyのHDDを使っている方は多いと思います。
私も最近はドライブを購入する時いつもこのメーカーで、幸運な事に壊れたのを見た事無いので愛用している一人です。
そんな自宅に何台も有るSeagateのHDDを、昨日何気なく見ていて気がついた事が。
1台にジャンパ刺さってました!

Seagate Technology - シリアル ATA のジャンパ設定と配線
SATA 300MB/s ドライブ上の SATA インターフェイス コネクタの隣のジャンパ ブロックは、SATA 150MB/s ドライブのみで作動する旧式 SATA コントローラを使用する SATA 150MB/s モードでドライブを使用することができます。
ショップで購入したまま使っているとジャンパが刺さって速度制限が掛かった状態に成ります。
パソコンやHDDケースの中にはその状態でしか使えない物が有りますが、300MB/sで使える物の場合はジャンパが刺さっていたら取って使った方がお得ですね。
取ったジャンパは大切にしまっておく事も忘れずに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。