林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
benli: 私的使用目的の複製によりいかなる経済的不利益が生ずるのかの説明がそもそもないのです。

iPodに対する課金などが話し合われている私的録音録画補償金制度に取って、この「シフトする」という概念がとても重要なので少々おつきあいを。

例えば私の場合で言いますと、音楽が聴ける装置として私が持っているのは古いステレオとMacとWin PCとiPodの4つです。
CDを購入した場合、私はまずMacにiTunesで音楽を取り込み、次にMacにiPodを繋ぎ転送します。
この辺りはiPodを持っている皆さんがいつもやっている事ですね。
うちのステレオにはCDプレーヤーが無いのでCDを直接聞く事は出来ず、家に居る場合はMacのiTunesで聴き、外出している場合はiPodで聴きます。
ただ私の場合、家では静かにしたい方なので殆どMacで音楽を流す事は無く、ほぼiPodで聴いている感じです。

では質問を一つ。
この使い方で、権利者に損害を与えているとお思いでしょうか?
そもそも小倉弁護士も書いているように、CDをMacに取り込めない、iPodにも転送出来ないならば、私はCDなど買わないのです。
iTunes Storeの音楽もiPodで聴けるからこそ私に取って買う価値が出てくるので、iPodによって制作者側が潤う事は有っても不利益など何も無いと言う事を、権利者団体のお偉い方は理解出来ませんか。
CDは家のリビングで豪華なステレオを使い聴くだけの物とでも思ってます?
音楽を聴く装置をステレオではなく、MacとiPodにシフトする行為がどうして不利益を生むのでしょうか。

権利者団体の上の人は、1度現場でバリバリやっている人に聞いてみると良いと思いますよ。
iPodによって何らかの不利益が本当に有るのかと。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。