林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界観が素晴らしい――ソフトバンク孫社長がiPhoneの魅力を熱弁:ITpro

こちらの孫さんの発言を見ると、iPhoneと日本の携帯電話に関する捉え方が的確に思えます。
その点で言えば、日本TVのインタビューでドコモの中村社長は、
「「若干重いですね、やはり。今日本は軽いですから、ものすごく。」 
などと自社で発売する携帯電話の重さも把握せず答えていますから、その差は歴然。
やっぱりドコモは今でも電電公社なんだと思ってしまいました。

それはともかくこの記事の中で一番の注目はこの一言。

「製品は,ソフトバンクショップのほか,アップルストアでも販売する。」

ソフトバンクでの予約が中止に成って、確実に手に入れるのはAppleが新製品を出す時のいつもの行事、「Apple Storeに並ぶ」ですか。

こうなると日本一iPhoneが入荷するのは、Apple Store銀座店でしょう。
でも、ここは間違いなく日本一行列ができます。
特に今回は、先頭集団徹夜間違い無し!

やっぱりお祭りなんで皆で並んじゃいますか。

ただ、今回は製品を買うだけでなく電話の登録までやるでしょうから、とんでもない事に成るのは確実なのと、新規だけでなく他社からの同番移行やソフトバンクの機種変更もApple Storeで出来るかどうかを、確認する必要が有りそうです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。