林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本家アメリカのAppleサイトに、iPhoneのデモ動画が色々追加されています。

Apple - iPhone - Features

これを見ると、いかにiPhoneが日本の携帯電話とは異質な物か、iPod+携帯電話ではないと言う事が理解しやすいと思います。
電話番号やメールなどを選択するアクションはパソコンに近い感じですが、画面に直接タッチする行為はパソコンよりも直感的。
自分の指を使いSafariでウェブを見たり、曲や動画を選んだり、写真をぱらぱらめくり引き伸ばしたりする行為、これらは携帯電話ともパソコンとも違う体験でしょう。

でも、普段からMacを使っている人間に取っては、MailやSafari、iTunesはもとより、カレンダーはiCalだし、写真はiPhotoだし、株価や天気はDashboardで出てくるのと同じ。
Mac OS Xでいつも見慣れたソフトが動いています。

そんな事を考えるとiPhoneとは、Macの中から外に持ち出して使うと便利だし楽しいよってAppleが考えてる物を、あの小さなタッチパネルの筐体でなるべく使いやすいように入れ、携帯電話やGPSなど外出先でこそ威力を発揮する物を付け加えた、そんなハードだと思います。

iPodがただの音楽を聴く携帯プレーヤーではなく、MacやPCの中に入っているiTunesを曲と一緒に外に持ち出すハードであるのと同じ感覚ですね。


ネットの掲示板とかを見ると、「iPhoneと一緒にMacBookを買う」と書き込んでいる方を何人か見かけました。
その人はその日の行く場所によって、今日はiPhoneだけ持って行けば充分とか、明日はiPhoneだけだと困るからMacBookも持って行こうとか、そんな使い方が出来る事に成ります。
今日は小さなバックで充分だから身軽に、明日は大きなバックが必要みたいな感じですね。

デスクトップのパソコンしか持っていないから、「ノートの代わりにiPhoneを買う」って人も見かけました。
自分が外で使いたい機能を考えれば、iPhoneで充分な人も居ると思います。
朝起きてちょっと天気やニュースサイトをチェックしたい時、パソコンを立ち上げるのが面倒だからiPhoneで布団から出ず簡単に済ますような使い方も可能ですね。

そして、いつも使っているパソコンとiPhone、その二つのハードに入っているメールやアドレスやスケジュールなどのデータをシンクして、同じ物を見られるようにするのがMobileMeの大切な機能です。


私の事で言えば、ワンセグもおサイフも付いていない携帯電話を今使っています。
家に居る時でも地上波TV全く見ない日も有りますから、ワンセグなど有っても見ないだろうと思いますし、おサイフもSuicaのカードで充分。
着うたなんかよりiTunes Storeの方が安くて使いやすいし、普通のメールばかりでデコメなど誰も送ってきません。
そんな私に取って最新の携帯電話は、使わない機能満載の物でした。

それに十時キーを使ってメールとかを選んだり、テンキーで文字を打ったりするのが、とても苦手でイライラします。
携帯電話でメールを書こうとすると中々スムーズに進みませんし、ちょっとしたメモも今は一緒に持ち歩いているiPod touchでもっぱらしています。

こんな私だからこそ、今の日本の最新携帯電話よりもiPhoneの方に魅力を感じてしまう訳ですが、逆に言えば、今の携帯電話をバリバリに使いこなしている人が、iPhoneを買った場合違和感有りまくりかも知れませんね。

そんな訳で今持っている携帯電話が「便利だな、使いやすいな」と思っている人は、iPhoneを買うのはかなりの冒険だと思います。
ショップで実機が触れるようになれば良いのですが、今はまだ発売前。
それならば代わりにiPod touchを誰かにちょっと借りるか、Apple Storeなどで触ってネットを見たり写真を選んだりしてみれば、iPhoneと同じ操作感覚を体験出来ますので試してみてください。


最後にiPhoneはちょっと無理だからiPod touchを買おうと思っている方へ。
今iPhoneを持っている人以外で一番iPhoneの良さが判るのは、iPod touchを普段使っている人だと思います。
つまりこれからiPod touchを持ち歩くようになれば、どんどんiPhoneが欲しくなると思いますよ。
その辺りの事は覚悟して買ってください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。