林檎と鼬とオペラとバレエ好きの日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hardmac.com : Le "Macbidouille" in Englishの記事からFlickr: Camera Finderを見ると、Flickrに投稿されている写真のiPhone利用率の多さに驚かされます。

NokiaやSony Ericssonの携帯電話を打ち破るどころか、NikonやCanonの一眼レフと勝負しているではないですか。

記事にも有りますが、これはiPhoneの写真を撮る事とFlickrにアップする事の容易さが生んだ結果でしょう。

そう言えば私も、以前持っていた携帯電話では写真を年に数枚しか撮っていませんでしたが、iPhoneを持ち歩くように成って毎日何枚か必ず撮るように成りました。

いったい何が違うのかと考えると、iPhoneのカメラって設定が何もなくて写真を保存するかも聞いてこないのですよね。

要するに撮りたい物が有ったらカメラを起動してシャッターを押すだけ。

よくカメラがしょぼいと悪口を言われるiPhoneですが、これってAppleがわざと何も付けていないのかも知れませんね。

撮りたい物を見つけたら何も考えずにシャッターを切れば良いんだよと。

そして撮った写真をFlickrに簡単に送れるアプリも用意されているし、Flickrよりももっと簡単に写真を共有出来るBig Canvas Inc.のPhotoShareが有りますから、iPhoneで写真を撮るのが楽しくてしょうがなく成る訳です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。