セキュリティチェックサイト覚書

ここでは、「セキュリティチェックサイト覚書」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、Winのセキュリティチェックの為に使ったサイトの覚書です。

Macでも、殆ど使えると思いますので、実際にMac OS Xのファイアウォール動作させてやってみました。(正し、ルータに繋いでいます)
Firewallと森で遊ぼうさんを参考にしていますので、詳しく知りたい方はそちらへ。(ソフトはWin用ですが)
それから、私思いっきり素人ですので、アドバイスなど戴けるとありがたいです。
シマンテック・セキュリティチェック
定番ですね。日本語なので分かりやすいです。
中ほどの今、あなたのPCは安全であるかチェックしてください。をクリックして、移動でチェックサイトがポップアップウインドウで開きます。
飛んだ時に出てくる画像が、MacではPM G4ですが、Winではタワー型の何の装飾の無い四角い箱なのが笑えます。
対ハッカー露出度チェックとトロイの木馬チェックの2項目ですが、詳細を見て全部stealthなら合格。
試しに、ルータのステルスモードを切って見たら、思いっきりICMP PingがOpenに。

SOS
ファイアウォールソフトで有名なSygateのOnline Scanです。(私もWinはこれ入れてます)
まずは、真ん中のScan Nowをクリック。
しばらく経つと、スキャン出来た情報が出ます。
あとは、左のQuick ScanとかStealth Scanなど順番にやって行くとポートを調べてくれます。
さきほどやってみましたが、ICMPは未だに駄目みたいです。
こちらでやってみると、113ポートとシマンテックでは問題無かった80ポートが何故かCLOSEDに。
気持ち悪いので、ルータでフィルタしています。

broadband Port scan
こちらも、ポートスキャン。
ここは、下のProbeをクリックすると始まります。
終わると、右のResultがクリック出来るようになるのでクリックすると判定画面が出ます。
これは、問題無し。

ShieldsUP!
Gibsonのセキュリティチェク、定番ですね。
Proceedをクリックで飛びます。
ここは、ファイル共有、全てのポートスキャン、スパムとか色々出来ます。
File Sharingを押すとファイル共有テスト、Commnon Portsが良く使うポート、All Service Portsが全部のポートのテストです。
Messenger Spamは、ここを押して出てきた画面のSpam Me with Noteをクリックします。
ここでは、113ポートだけがClosedで80はStealthです。

Browser Security Test
ブラウザのテストです。
右のテスト項目を選んで熊さんをクリック。
Choose which tests to ranを選ぶと全項目の中からやりたいテストを選べます。
ここ、私WinのFirefoxでやったら設定おかしくなって再起動しましたよ。
Safariは、問題無く終了。

Email Anti Virus and Security Testing Zon
メールのチェックです。
下の方の空欄に名前とアドレスを入れてTest my email system!クリック。
Check here to receive GFI's security newsletterチャックしているとニュースメールが来ます)
すぐに確認メールが来るので(ニュース購読にしてるとその確認も来ます)Please click on this linkの下のURLで登録。
その後に来るメールでチェックします。

DECLUDE
こちらは、単純にアドレスを入れるとウイルスチェック用のメールが送られます。
セレクトする項目は、どの形式で送るかです。
私は、普段使うプロバイダがウイルスチェックしているので途中ではじかれますが、他に登録して受けて見たら、eicer.comというファイルが添付されてました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://applesong.blog8.fc2.com/tb.php/17-800a21c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。