独グラモフォンがオンライン音楽ショップ開店

ここでは、「独グラモフォンがオンライン音楽ショップ開店」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
what's my scene? ver.7.2:DRMも国境も越えた:今一番ラディカルな音楽配信はクラシックから始まる!
DRM Freedom: Deutsche Grammophon Shows How Digital Music Stores Should Really Work

上記の記事は、カラヤンやアバドなどの音源を持つクラシックを代表するレーベルと言える独グラモフォンが、320kbpsのMP3形式でDRMフリー、しかも世界中どの国からでも買える音楽ショップをネット上に開いた話題です。

早速Deutsche Grammophonに飛んでみました。
まず登録画面が英語で出たので一安心。
動画での説明が出て来て、買い方、ダウンロードの仕方、iTunesでの聞き方とCDへの焼き方まで見る事が出来ます。

カタログを見ているうちに気がついた事がひとつ。
値段表記の所に国の選択がありますが、数字は同じでドルで出る国とユーロで出る国があります。
今はユーロが高いので円換算するとドルと比べてかなり違いますね。
ちなみに日本を選ぶと高い方のユーロに。
何で分けているのか判りませんが、日本も安い方のドルにしていただけませんでしょうか。
ユーロで払うとなると、HMVとかの輸入版CDか日本のiTunes Storeで曲を探せればそちらの方が安く買える可能性が高いので、あまりここでは売れないと思います。

現在は値段的な不満が有りますが、これが広がっていけば日本だけ高いとか日本だけ買えないとか、そんなおかしな閉鎖的世界とはおさらばです。
ネットは世界中に繋がっているので、日本だけガラパゴスのようには出来ないのですよ。
私、これをAppleにやって欲しいと思っていましたが、まさかレーベル自らがやるとはちょっと驚きですね。
iTunes Storeも今後、是非そのような方向で進めて欲しいと思います。
Appleも頑張って、音楽に国境など要らないって事を示してください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
確かに価格設定が米国とその他で極端に異なっていますね。気になったので、先方にメールで問い合わせをしてみました。何か回答があれば、うちのブログに報告しようと思います。
2007/12/02(日) 09:23 | URL | wms #-[ 編集]
いつもBlog拝見しています。

私買う気満々でユーザー登録までしたんですけどね。
このドルとユーロの分け方もいまいちよく判らなくて。
中国がユーロ、香港がドル、台湾もドルとか、物価水準とは言えない感じです。
現金ならばともかくカード払いなのですから統一してもらわないと差額が大き過ぎますね。
もっとも、同じ音源でも日本の国内版CDを買えばもっと高くなるのですが、その辺の影響も有るのでしょうか。
2007/12/03(月) 15:19 | URL | Shamrock #OWkmyfK2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://applesong.blog8.fc2.com/tb.php/639-7b3ec436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。