Hardware

ここでは、「Hardware」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4Gamer.net ― 価格が下がってお買い得に。2008年春のミドルハイクラスGPU購入ガイド(GeForce 8800)

もしこれから3Dゲームをやろうとすれば、このレベルのカードは欲しいと思います。
このベンチマークの結果を見ると、未だ8800 GT最強ですね。

Macでこのカードが欲しいとなるとMac Proを選ぶしか無い訳で、ゲームをやる為にMac Proとはかなりもったいない感じがします。
それにシングルのカードなので、あまり負荷を掛けると発熱の心配をする事に成ります。

下位モデルに当たる8800 GSならば24インチのiMacで選べますが、20インチモデルでも選べればと思うとちょっと残念です。

4Gamer.net ― 2月6日発売。新GPU「GeForce 8800 GS」のレビューを掲載(GeForce 8800)

1TB HDDは今週末も特価で2万円割れ、全体に値下がり

1TBのHDDを2万円ぐらいで売ってくれると、500GBよりもこっちでと思う人が増えるでしょうね。
特に動画を扱う人に取っては、容量がいくら有っても困らないですから。
少し前に主流だった320GBなど、もうコストパフォーマンスを考えると選択肢から外れる時代に成りました。

アキバ店員のPCパーツウォッチ(GeForce 9600 GT)

まず売れないと誰もが思っていたGeForce 9600 GTが売れているとは。
原因は8800 GTの発熱問題ですか。
個人的には9600 GTが2万を切らなければ、冷却のしっかりした物前提で8800 GTの方が魅力的に思えます。

8800 GTと言えば、Mac Proで選べるのは発熱が心配なシングルスロットです。

4Gamer.net ― ゲームによってはGTX並み! 衝撃の「GeForce 8800 GT」パフォーマンス速報(GeForce 8800)

こちらの自作機を使ったテストを見ると、高負担時に92度なんて景気のいい温度が出ています。
Mac Pro内部の空気の流れを考えれば、もう少し温度が下がるように思えますがちょっと心配ですね。

現在主流のカードの性能を比較したサイトをリンクしておきます。

bit-tech.net | Performance Mainstream Graphics Update - Entering the performance mainstream

【レビュー】ベールを脱いだ「GeForce 9」シリーズ - NVIDIA「GeForce 9600 GT」ファーストインプレッション マイコミジャーナル
イマドキのイタモノ:ライバルは「8800 GT」──「GeForce 9600 GT」で新世代ミドルレンジの実力を知る - ITmedia +D PC USER

ついに9シリーズが出たNVIDIAですけど、この9600 GTはDirectX 10.1には対応していないし補助電源はいるしで8800 GTとの関係がかなり微妙な感じに。
これが8800 GTと比べてかなり安ければ皆飛びつくのでしょうが、現在の価格ではやっぱり8800 GTを店員さんお任せ組以外は買うのでしょうね。

そんな事を思っていたら。
4Gamer.net ― 新世代のミドルクラスGPUは買いか? 「GeForce 9600 GT」のレビュー掲載(GeForce 9600)

熱いと評判の1スロット8800 GTの事を反省したか、9600 GTは1スロットでも冷えてます。
これなら環境に制限の有る方とかならば買いでしょうか。
MacならばiMacの次のモデルに載せてもらえれば、ゲームとかやる方は喜びそうですね。

東芝が「HD DVD」方式から撤退で最終調整、規格争いは収束へ

この記事にあるように次世代DVDはBlu-ray Discで決まったようですが、はたしてBlu-ray Discには今後明るい未来が待っているのでしょうか。
これから爆発的にBlu-ray Discのハードやソフト、メディアが売れるかを考えると、少なくとも私は今欲しいとは思わないのですけど。

Appleが出した最新のノートMacBook Airは、光学ドライブを内蔵していません。
それなのに購入したきんぎょ日記さんはAirに使えた光学ドライブ。の中で「光学ドライブがないことについて思いの外気にならなかった。」と書いておられます。

私自身の事を考えても、ソフトはダウンロードで購入する事が多くなり、音楽もCDよりもiTunes Storeで購入、バックアップは安くなった大容量のHDDに保存しますから、光学ドライブがなくてもそんなに不便は感じませんし、実際最近殆ど使っていない事に気がつきました。

アメリカで始まったiTunes Movie Rentalsのように映画までネットからデータを落として見るのが普通になれば、光学ドライブが無いパソコンがこれから多く出て来るかも知れません。
録画したTV番組の保存に使う方もいらっしゃると思いますが、私はHDDに入れて1度見たら消す事が殆どで、たまにDVDに焼いても、まず2度と見ないで最近はやらなくなってしまいました。

だいたい今のDVDにしても、容量の大きい二層方式が有るのにメディアで購入するのは安い一層方式の物ばかり。
一層DVDに変わって購入しようと思うような値段と使い勝手の物が出てくるまでに、後どれ位の時間が掛かるのでしょうか。
それまでに光学ドライブが、もう使われなくなる心配は無いのでしょうか。

今回HD DVDに勝利したBlu-ray Discが今後生き残って行けるか、本当の戦いはこれからだと私は思うのです。

ニコン、センサークリーニングを搭載したエントリー一眼レフ「D60」

ちょっと前に海外のサイトで話題になっていたので期待していましたが、型番を60に変えた割には変化に乏しい感じは否めないですね。
値段からして、これを買うならD80をと思う人が多いのではないでしょうか。
D80よりも手軽なカメラを求める人ならば、D40でいいですしね。

痛いニュース(ノ∀`):“これが格差社会か” 8,000万円のセレブ向けパソコン登場
これが格差社会か 8,000万円のセレブ向けパソコン登場 | negitaku.org

どんなパソコンだろうと思ったら、ケースはともかく中身がしょぼ過ぎて笑えました。
CPU Intel Core 2 Duo E6850 3.00Ghz [775/F1333/Dual Core]
CPUクーラー 標準CPUクーラー搭載
マザーボード ASUS P5KPL-VM(G31) MATX [775/F1333/DDR2-800x2/PEX16x1/Px2]
メモリ 2048MB [1024Mx2本] PC2-5300[667] DDR2-SDRAM
VGAカード [PE16] 256MB GeForce 7200GS [CRT/DVI/TV]

モニター ナナオ 19inch FLEX SCANモニター

こんなの買うならMac Proをカスタマイズして。
CPU 3.2GHz Quad-Core Xeon × 2
メモリ 32GB 800MHz DDR2 ECC FB-DIMM
HDD 1TB SATA × 4 Mac Pro RAID Card
グラフィック Quadro FX 5600 1.5GB GDDR3 SDRAM
ディスプレイ 30インチ Apple Cinema HD × 2
こんな事やっても¥2,642,640ですから、こっちの方がデザインも美しいと思いますし性能は比べ物にならないくらい上ですね。
WindowsもBoot Camp使って入れれば爆速で動きますから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。